FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  2010年12月

『第4回 野球クリニック』リポート

12月26日(日)、常盤平第2小学校にて、松戸市子ども会 常盤平地区主催の『第4回 野球クリニック』を13:30~16:45までの間で実施しました。

今回のコーチは、2人。1人は、第1回目からずっと指導をしてくれている宇佐美圭吾くん。そして昨年、惜しくも不合格となりましたが、マリーンズのプロ・テストを受けるほどの情熱で野球に取り組む山本修二くんです。

この野球クリニック。日ごろはそれぞれのチームで練習に取り組む子ども達が、所属チームを問わず集まって、プロ並みの高い技術を持ったコーチからさまざまなアドバイスを受けるものです。

この日は、2つのソフトボール・チームを中心に、22名の子ども達が参加。新年度から、ソフトボールから軟式/硬式に転向する6年生に対して、スローイングの指導を行うことが、今回の柱です。その他、捕球、スイングについても、一人ひとりに対して、細かい指導がなされました。

メニューは、以下の通り。
○グラウンド挨拶
○コーチとの挨拶
○ランニング~ストレッチ~アップ

 ※ケガ予防のために、ストレッチの大切さを、毎回しっかりと伝えてもらっています。
  高いレベルの学校やプロでも行っている効果的なストレッチを体験します。
○キャッチボール
 ※6年生の内、ボーイズリーグに進む子は硬球で、中学部活に進む子は軟球を使ってのキャッチボール。
  普段ソフトボールを使っている子は、その違いに若干戸惑いも見せましたが、コーチの2人から、
  ケガをしにくい基本のフォームを徹底的に指導。5年生以下は、普段どおり、ソフトボールでの投球です。
○ランニング・フォームのチェック
 ※走り方の基本を学びます。日ごろは、走り方については、あまり指導を受けることはないもの。
  正しい姿勢を心がけてフォームを修正すれば、それぞれのタイムは格段と縮まります。
○キャッチング
 ※捕球の基礎をおさらい。腰を落とす、上半身を立てる、最後まで球をよく見るなど、普段言われていても
  なかなか身に付かない基礎。ナニをどう意識すれば、自然と身に付くかを教えてもらいます。
○スイングチェック
 ※全員そろって、素振り。ここで、一人ひとりに、・良いところ、・改善すべきところ、それぞれを1つずつ
  指摘してあげます。そして、それを伸ばし、また改善するための練習方法を、個別に伝えてもらいます。
○ティー・バッティング
※スイングチェックで修正したフォームで、思いっきりティー・バッティング。
  それまでの自分の打球との違いを感じてもらいます。


このように、練習内容は、いつも基礎的なことが中心です。
それでも子ども達は、退屈などすることなく、むしろ、とても喜んで参加してくれます。高い技術を持った人は、基礎を指導するにも子ども達が深く納得できる表現で伝えてくれるからです。

また、回を重ねるたびに、保護者の皆さんが野球クリニックにたくさん参加してくれるようになりました。そして、コーチに『子どものころは、どんな練習をしてたんですか?』、『ここを改善させたいのだけれど、どういう取り組みが有効ですか?』など、お子さんの練習方法について質問をたくさんもらうようになりました。
子ども達だけではなく、地元の指導者や保護者にとっても、この野球教室教室がどんどん意義あるものになっていっているということを実感しています。

次は、春休みの開催になると思いますが、またたくさんの子ども達や保護者のみなさんが参加してくれることでしょう。







P1090537.jpg

P1090540.jpg
普段は体験したことのないくらい、しっかりとストレッチ





P1090543.jpg

P1090544.jpg
ソフトから硬式/軟式に転向する6年生は、スローイングの基礎をみっちり指導されました





P1090546.jpg


P1090549.jpg

P1090553.jpg

P1090562.jpg
もっと強く、もっと遠くに!スイング・チェックで、バッティングを改善!




P1090563.jpg
女の子も元気にガンバってます!コーチの2人も、女の子の実力の高さには、驚いていました!




P1090564.jpg






[ 2010/12/27 10:00 ] 子ども会 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター