まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  スポンサー広告 >  徒然記 >  お正月の恒例行事!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お正月の恒例行事!

のだめ


元日には毎年、お仲人さんのお宅に新年のご挨拶に伺います。

そこでお仲人さんの次男坊のお嫁さんに「のだめカンタービレ」を全巻借りて帰り、一気に読み通す。
そして、作中に出てくる気になる曲をyoutubeで探して聴きまくる。

これが数年前から恒例となっている、みのわ信矢のお正月の過ごし方です♪



今年聴き込んだのは、『ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18 第1楽章』。


この協奏曲のメインのピアノをのだめが弾き、オケ部分を真一がピアノに置き換えて伴奏する二人の連弾のシーンで使われた曲です。



ラフマニノフは、超絶技法を極めたバイオリニスト、パガニーニをモチーフにしたオーケストラ・アンサンブルを作曲している音楽家で、音数が多く、早弾きのパートが好みだという印象があります。

みのわ信矢は高校時代、パガニーニを敬愛するギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンのギター・プレイを一生懸命に練習していました。その影響もあってでしょうが、ラフマニノフはすんなりと受け入れやすいタイプの曲調です。
よく言われることですが、北欧のハードロックやヘヴィ・メタルの曲構成は、クラシックにとても良く似ているので、80年代のハード・ロックを好んで聴いていた人にとってクラシックは馴染みやすい音楽です。





スポンサーサイト
[ 2013/01/02 22:29 ] 徒然記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。