FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  スポンサー広告 >  野球/ソフトボール >  甲子園でのタイブレーク導入に賛成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甲子園でのタイブレーク導入に賛成

高野連では、春夏の高校野球甲子園大会においてタイブレークを導入するために、全加盟校4,030校にアンケートを実施することを決めたとの報道が、本日付け(H26年7月14日)の各紙でなされました。

甲子園 野球

みのわ信矢は、高野連によるタイブレーク検討の報道を受け、速やかな導入を望んでいます。
そして、その流れが波及し、高校野球の地方大会をはじめ、中学野球、少年野球に至るまで、投手の投球制限などが広く実践されていくことに期待します。

選手たち、つまり子ども達の体を守りながら安全に野球に取り組める環境づくりは、最優先されるべきです。例えば少年軟式野球などでは、大会によっては『●回以上の投球は禁止』などのルールを定めている立派な運営者もいます。しかし、指導者の多くが“勝利偏重主義”にあるためと思われますが、安全確保のための環境整備は先進的であるとは言い難い状態です。


カラダを壊してまでプレーすることは、美しく尊いもの?
また野球ファン(スポーツファン?あるいは国民性?)の中には、延長に延長が重なるような試合展開にロマンを感じ、そこに“ひたむきさ”などを感じ取り美化する傾向も見られるようです。「この体が壊れようとも戦い抜く」というような精神性に価値を見出し、自己犠牲の姿勢を尊いものだと考えるむきが少なくありません。

例えばH26年7月14日付のニッカンスポーツweb版においても、このタイブレーク導入の記事のタイトルに「甲子園から名勝負消滅!?」と打ち出し、記事冒頭の書き出しを「甲子園から、数々の伝説を生んだ延長戦の熱戦が消えてしまうのか…。」としています。
スポーツを我々一般的な社会人よりも専門的に扱っているスポーツ紙ですら、このような意識を持っているとなると、とても残念な気持ちになります。


子ども達の安全と健康を最優先させるべき
名勝負や好プレーは、安全面でのリスクを抱える長時間の試合にのみ生まれるものではありません。一瞬一瞬のプレーにおいて研ぎ澄まされた神経から生まれるプレーが、多くの人を感動させることも多くあるでしょう。
それになにより、アマチュア・スポーツにおいては、観る側が得る感動よりも、プレーする選手にとって大切なものは何かを最優先して考えるべきです。
そして、その最優先されるべきものは、高野連の理念を支える「日本学生野球憲章」の「第1章 第2条(学生野球の基本原理)」にも掲げられているように、「部員の健康を維持・増進させる施策を奨励・支援し、スポーツ障害予防への取り組みを推進する」ことに他なりません。

高野連が行う全校に向けてのアンケートで、ぜひ多くの学校がタイブレーク導入に積極的に賛成をしてくれるよう、強く期待したいものです。





千葉県松戸市 ブログランキングへ





スポンサーサイト
[ 2014/07/14 23:24 ] 野球/ソフトボール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。