FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  スポンサー広告 >  政治 >  『少子化非常事態宣言』を全国知事会が採択

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少子化非常事態宣言』を全国知事会が採択

H26年7月16日、全国知事会において『少子化非常事態宣言』が採択されました。

赤ちゃん ママ 少子化


「少子化をくい止めることができなければ日本は衰退する」。「そして今が重大な岐路にある」。さらに「今こそ思い切った政策を展開し、国と地方が総力を挙げて取り組む時」と、全国知事会は訴えています。

この主張に、異論は全くありません。
問題は、各都市・各地域が、ひいては各人がどのように“覚悟”を決めて少子化対策に取り組むか、という点に尽きます。

言うまでもなく、全国には多数の“地域”があります。行政区割りという括りでいえば、H26年4月現在で1,718の市町村があり、その市町村においても特性の異なる地域がいくつもあるという自治体もあるでしょう。
南から北まで多種多様な地域があり、それぞれに異なる事情があるなかで、「少子化を食い止めよう」という全国的な目標に対して、何をするべきかを一般化することはとても難しいことでしょう。

例えば、H26年7月20日朝刊の読売新聞のコラムには、「地方から東京への若者流出が止まらなければ、少子化の進行は防げない」という研究成果を引用した文章が掲載されており、「都会」との対比としての「地方」の活性化が課題という考え方にも説得力を感じることはできます。

全体的なことばかりを考えていても仕方ないので、僕が生まれ育ち、住み続けている「松戸市」に視点を据えて考えてみます。
上記のように、「少子化を防ぐためには、地方に若者が根付き、経済的にも発展を願う」ことが重要であり都会への若者流出を止めようということは、松戸市にとっては、これからの都市経営においてはリスクと言えます。都市間競争にさらされるぞ、地域同士の戦いは不可避なんだ、近年は都市マーケティングに詳しいと言う方々の多くがそう言います。人を呼び寄せろ。そのための施策を組み立てろ。役所も、地元の青年会や各種団体も、そのために知恵を練る日々です。
そして、ただ人口を増加させるだけではいけません。若者や子育て世代を呼び寄せなければなりません。「里山資本主義」がヒットし都市運営の旗手とされる藻谷浩介さんらが指摘していますが、これまでの延長線上の考え方で大都市が人口増を狙うとなると、それは高齢者を増加させることに他ならず、社会コストが財政上のさらに大きな問題となります。
それゆえ、都市間競争という概念で都市の将来を考えだすと、若者・子育て世代の流入を図ることが求められることになります。

それは、分かりやすく表現すれば、「これだけ便利です」、「こんなに生活しやすいです」、「素敵なファミリー・ライフを実現できます」という呼び寄せ方になるでしょう。

しかし、このようなアプローチは、先述の「東京(つまり大都市)への若者流出を食い止めろ」という全国的な視野での要請と矛盾してしまいます。
少子化対策への取り組みを一般化できない、とはこういうことです。

では、なにも手を打たなくていいかといえば、そんなはずはありません。
であるならば、お前はどう考えるんだ?と僕自身も突きつけられます。
都市間競争という枠組みではなく、現状の地域事情の中で少子化対策を練る。本稿の前段で“覚悟が問われる”と言ったのは、そういう意味においてです。

正直に言って、覚悟を持った具体案というものをまだ組み立て切れてはいません。それを率直に申し上げたうえでの僕の考え方の一例を述べてみます。
まず、古い男性社会特有の概念を転換させることからは避けられず、思考転換の努力をしなければならないでしょう。
それを市議会議員としての活動にイメージさせるならば、役所の職員の男女比において、女性の割合を高めるための働きかけをすることも一つでしょう。とはいえ、現役の男性職員を退職させることも難しいのであれば、新規採用において圧倒的多数を女性で採用するなどの手立てが必要かもしれません。
そうなると、『男性差別だ』、『雇用機会均等の原則からはずれる』など、批判は容易に想像できます。それに、これまでいわゆるフェミニストが達成できなかったこのような方策を取り入れることに、口には出さなくとも、フェミニズムに敗北したような気になり、男性の多くが抵抗を示すでしょう。正直にいいますが、そのような採用形態が実現するとすれば僕自身の中にもそのような思いはきっと浮かぶと思います。
しかし、です。そんなことを言っていて、少子化防止が必要だと言えるのでしょうか、ということです。その言葉を、僕も僕自身に突きつけなければならない、ということなのです。それが、必要とされる“覚悟”なのだということです。自分自身の観念を転換させることは、ある人にとってはとても苦痛で、時には屈辱的な場合もあるかもしれません。少子化対策というのは、しかし、そのような面も必要とされることがあるのだということを、私たちは自覚する必要があるのかも知れないのです。

女性の社会活動を支えることだけが少子化対策であるはずもなく、あくまでも一例にすぎませんが、そのように自分が実際に取り組むべきことを各人が考えることが、なにより必要であろうと思います。
そうでなければ、全国知事会が非常事態レベルの少子化なんだと訴えても、繰り返しますが、全国的に一般化された方策が打ち出せなければ、単なるお題目にすぎません。

簡単に解決策や実行案を示せるほど小さな問題ではありませんが、一人ひとりが自分の生活と将来に向き合い、考え続けるべき問題であることは確かです。





千葉県松戸市 ブログランキングへ





スポンサーサイト
[ 2014/07/20 14:37 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。