FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  野球/ソフトボール >  12番目の天使

12番目の天使

今日の常中PTAでの集まりの帰り、息子とはチームは違いますが、少年野球を通して顔見知りになった保護者と偶然会いました。
『息子さん、野球ガンバってますか!』との僕の問いかけへのお話は、とても意外で、胸に迫るものでした。

実はその子は、ある症状を抱えながら野球をしていたそうです。その進行により、野球を続けない方がいいとの判断をお医者さんとの話し合いでしたと話されました。
その症状は、命に関わるものではありません。しかし、思い切り身体を動かすことを控えなければならず、好きな野球をやめなければならないと聞いたとき、察するに余りある無念さを思い浮かべ、とても複雑な思いに駆られました。

幼少のころから親しんだ野球との関わり方を変えなければならないということは、その子本人はもちろん、ご家族ともに苦しい心情を抱えられたことと思います。週末のグラウンドではどこでも、我が子の一挙手一投足に歓喜の声を上げ、時には苦しい練習をする子どもを見守る大勢の保護者がいます。家族の絆は、そういうことでも太く、強くなっていきます。

もちろん、野球だけが情熱を傾けるに値するものという訳でもなく、その他にも素晴らしい分野がきっと彼を待っているでしょう。対象は何であれ、彼が新しい方面で素晴らしい何かを掴んでくれるものと信じています。



アメリカの少年野球を舞台にした短編小説に、『十二番目の天使』という本があります。
息子が4年生の頃に読ませたりもしましたし、小学校の読み聞かせでも紹介しました。一般向けに加え、子ども版もあるので、興味を持たれた方は是非どうぞ。

誰よりもトロくて、家も貧しく道具もボロボロ。だけど、誰よりも真剣に野球に取り組むティモシー。
彼はいつも、2つの言葉を呪文のように唱えます。『ボクは毎日、毎日、あらゆる面でどんどん良くなっている』、『never、never、never give up(絶対に絶対に絶対にあきらめない!)』

そんな、野球がヘタくそなティモシーの気持ちは、監督の、チームメイトの気持ちを動かし続けます。
なぜ、そのひたむきさが彼から湧き出てくるのか・・・。ある日、監督はその理由を知るのです。

41GJY63984L.jpg AA240.jpg
【十二番目の天使 オグ・マンディーノ著(求龍堂) ※右はジュニア版】



冒頭の子の話を聞き、今日は十二番目の天使を思い出しました。大好きな目標に向かって全力で取り組むことができる環境が、どれほど本人と家族にとって幸福なことかを改めて考えた1日でした。

僕も、もっともっと松戸がみんなに愛される街になるように、頑張らなければいけません。




スポンサーサイト



[ 2011/06/01 00:16 ] 野球/ソフトボール | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター