FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  >  子ども会

西窪子ども会のクリスマス会

12月8日(土)は、みのわ信矢が会長を務める西窪子ども会のクリスマス会。

役員のお母さん方が一生懸命準備をしてくれました!

クリスマス会

楽しいゲームあり、ビンゴ大会あり、そしてシュークリームでおやつタイムありと、盛りだくさんのパーティー♪
集まったたくさんの子どもたちも大盛り上りでした♪


クリスマス会

クリスマス会

クリスマス会

クリスマス会




[ 2012/12/11 19:39 ] 子ども会 | TB(0) | CM(1)

朝の通学路見守り



みのわ信矢 通学路 見守り
子どもたちがほぼ通学を終えた小学校正門付近の路地

松戸市内で、刃物などを所持した不審者の目撃情報が後を絶たず、小中学生の保護者の不安は増すばかり。切りつけ通り魔の犯人は逮捕されたとはいえ、模倣犯や事件の連鎖を懸念し、警戒の手を緩められません。

子どもたちの通学時間には、とてもたくさんの地域の方が街路などに出て、子どもたちへの声掛けをしてくれています。
今朝も、みぞれ混じりの寒い中、あちこちの路地に地域のみなさんが立ち、また自宅の前で手を振り、子どもたちを見守っています。

不安は残るままですが、地域の方との温かい触れあいには安心感がありますね。




[ 2011/12/09 13:50 ] 子ども会 | TB(0) | CM(0)

X'mas会



今日は一足早めに、みのわ信矢が会長をしている西窪子ども会のクリスマス会。

DSCF6030.jpg

みのわ信矢 子ども会 挨拶

70名以上の子どもと十数名の保護者で、楽しいひとときです。
10時からスタートしたクリスマス会の初めのプログラムは、伝言ゲーム。最初は1・2・3年生、次は幼児組、そして最後は4・5・6年生。年齢が上がると伝言内容も長く難しくなります。思いもよらぬ伝達ミスで大笑いの一幕も。地味ですが、とても盛り上がる遊びですね!


DSCF6082.jpg
間違え内容にメッセージを最後まで伝えられるかな?伝言ゲームは大盛り上がり!

次は○×クイズ。役員のお母さん方が考えてくれた、松戸にまつわる問題を○か×で答え、最後まで残ると景品がもらえます。
例えば、『松戸にはユーカリの木が多いけれど、ユーカリの葉が好きなのはパンダかな』。正解はコアラなので、答えは、×。 『松戸の果物といえば、ぶどう?』。いえいえ、答えは梨ですから、×。そういう問題を次々とだし、最後まで間違えなかった子には商品が渡されました!


DSCF6144.jpg
松戸についての問題がたくさん。○×クイズ、みんなはいくつ正解したかな?

おやつタイムにシュークリームを食べ、いよいよビンゴ大会。数字が読み上げられる度に歓声が沸きます! 今年は、比較的に小さな子どもさんにビンゴが起こり、とても嬉しそうに景品を手にしていました。

そうこうしているうちに、楽しかったX'mas会もいよいよお終い。参加賞を全員がもらえて、みんな大喜びでした。


DSCF6154.jpg
ビンゴ大会では数字が発表されるたびに、大きな歓声が起こります!

DSCF6179.jpg
最後は全員で記念写真!こんなにたくさん参加してくれました!

DSCF6182.jpg
みんなに配られた参加賞。準備をしてくれた副会長さん以下の役員さん、お疲れ様でした^^




[ 2011/12/04 17:18 ] 子ども会 | TB(0) | CM(0)

千葉市科学館にバス遠足



みのわ信矢が会長を務める西窪子ども会。今日は、千葉市科学館まで、バス2台を借りての遠足です。

我が西窪子ども会は、会員がとても多く、活動も比較的に活発な子ども会です。それは、副会長以下の役員のみなさんがとても一生懸命に年間行事を組み立ててくれているお陰。会長は、ほぼ何もしなくても、どんどん準備が進む、とても素晴らしい運営力を持った会なのです。お陰様で、会長職はとても楽をさせてもらっています^^;

今日のバス遠足も、70名を超える参加者。保護者も一緒だともっと多くなってしまいそうだと言うことで、保護者同伴は3年生以下に限ってOKとすることで、なんとかバス2台に納まりました。それほど参加が活発な子ども会だということですね。
8時15分に集合し、2台のバスに分乗し、出発です!
バス

道路も順調に流れ、10時15分、予定通りに千葉科学館に到着。係りの人の出迎えを受け、まずはプラネタリウムです。

千葉科学館_建物

千葉科学館_説明

プラネタリウム

今日のプラネタリウムは、木星を中心としたプログラム。ドームに満天の星空が映し出されると、『うゎぁ~』という歓声が。本当にキレイな星空です。

およそ45分間の上映を見終えると、展望テラスでお弁当タイム。キレイな景色を見ながらのお弁当は、美味しいねぇ^^y

千葉科学館_食事

食事の後は、科学館内を自由見学。
7階から9階に渡る広いフロアーには、視覚に関するコーナー、聴覚にまつわるブース、その他、気象や宇宙、自然に関する事柄が楽しく学べる仕掛けが施されていて、2時半の集合時間までがアッと言う間に過ぎてしまい、子ども達はみんな遊び足りない様子。でも、帰りの時間なので、仕方ありません。

千葉科学館_実験

午後3時に科学館を出発して、常盤平西窪町に帰ったのは午後5時。なにもかも順調で、大きな事故もトラブルもなく、楽しいバス遠足にでした

次は12月4日のX'mas会。こちらも楽しみですね!!


千葉市科学館

HP http://www.kagakukanq.com/
※団体の受入れなどについて相談に乗ってくれますので、
 希望される子ども会など諸団体のみなさんはぜひ連絡してみてください。

■団体受付TEL 043-308-0512
[ 2011/10/29 22:57 ] 子ども会 | TB(0) | CM(0)

子ども会常盤平地区 役員会

※本文中の子ども会の数などは、H22年度のものです。


昨日は、常盤平市民センターで子ども会常盤平地区の役員会でした。
話題としては
○それぞれの子ども会の夏の行事報告と秋の予定
○放射線に対する取り組み
○地元商店会との合同イベント
などで、活発なミーティングとする事ができました。


ところで、現在、松戸市に登録している子ども会は138。そのうち、13の子ども会が常盤平地区に加盟しています。
PTAなどでもそうなのですが、一番小さい組織と中間組織、それをまとめる大きな組織との関係が複雑で、よく分からないという声をよく聞きます。たしかに、耳慣れない言葉が飛び交ったりするんですよね・・・。
なので、ここで子ども会について簡単に説明です。


市子連組織図


子ども会活動をしていると、よく「しこれん」という言葉が出てきます。正式名称は「松戸ども会育成会絡協議会」(長っ!)と言って、そこから数文字とった略称で「市子連」と言うのです。
では、この市子連のなりたちです。例えば僕のこども達が所属している西窪町子ども会は一番小さなくくりで、「単位子ども会」略して単子(たんこ)と言います。この単子が市子連に加盟すると補助金がもらえますが、現在の加盟数が先に述べた通り138です。松戸市全体では、およそ250の子ども会があると言われています。はっきりと分からないのは、「○○子ども会」として活動していても、市に登録をしていないとその数を把握できないからです。なので、市内に250ほどあるであろう子ども会の中で、市に加盟している子ども会が138だ、ということになります。

この138の子ども会が13の「地区」に分けられます。僕が会長を務めている常盤平地区には、およそ22の子ども会が存在します。しかしその内で市子連に加盟し、地区に登録しているのは13の子ども会なので、「市子連の常盤平地区には13の単子が登録している」ということになるのです。
いわば、市子連は「国」、地区は「県」、そして単子は「市」という関係だと言えば、なんとなく分かりやすいかも知れませんね。


ここ数年、松戸市の児童数は25,500人前後で推移していますが、市への登録子ども会数も、単位子ども会数も、減少の一途をたどっています。僕が小学生だった30年ほど前は、子ども会に入っていた児童の割合がとても高かったですね。しかし、現在では習い事も多く、子どもの生活も多様化しているため、「子ども会に入っても、そこに参加することはなさそうだ」となって、構成児童はどんどん少なくなっています。

また、子どもの生活スタイルの変化もさることながら、保護者の意識も以前とは変わってきています。「子ども会に入れたら、役員などがまわってきてしまう」などの理由で抵抗感が強いという話はよく聞くことですね。
市子連では、子ども会への加入率をどうやって高めて行こうかと検討もしていますが、なかなか難しい問題です。





[ 2011/09/05 10:29 ] 子ども会 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター