FC2ブログ

まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ

松戸市議会議員 みのわ信矢の『まつどTODAY』にようこそ! 当ブログは、“まつど”で生まれ、育った僕が、 “まつど”が優しく元気な街になるように願うブログ。 地域活性化を目指す全国の皆さんも、是非ご覧下さい!
まつどTODAY~松戸市議会議員 みのわ信矢のまちづくりブログ TOP  > 

甲子園でのタイブレーク導入に賛成

高野連では、春夏の高校野球甲子園大会においてタイブレークを導入するために、全加盟校4,030校にアンケートを実施することを決めたとの報道が、本日付け(H26年7月14日)の各紙でなされました。

甲子園 野球

みのわ信矢は、高野連によるタイブレーク検討の報道を受け、速やかな導入を望んでいます。
そして、その流れが波及し、高校野球の地方大会をはじめ、中学野球、少年野球に至るまで、投手の投球制限などが広く実践されていくことに期待します。

選手たち、つまり子ども達の体を守りながら安全に野球に取り組める環境づくりは、最優先されるべきです。例えば少年軟式野球などでは、大会によっては『●回以上の投球は禁止』などのルールを定めている立派な運営者もいます。しかし、指導者の多くが“勝利偏重主義”にあるためと思われますが、安全確保のための環境整備は先進的であるとは言い難い状態です。


カラダを壊してまでプレーすることは、美しく尊いもの?
また野球ファン(スポーツファン?あるいは国民性?)の中には、延長に延長が重なるような試合展開にロマンを感じ、そこに“ひたむきさ”などを感じ取り美化する傾向も見られるようです。「この体が壊れようとも戦い抜く」というような精神性に価値を見出し、自己犠牲の姿勢を尊いものだと考えるむきが少なくありません。

例えばH26年7月14日付のニッカンスポーツweb版においても、このタイブレーク導入の記事のタイトルに「甲子園から名勝負消滅!?」と打ち出し、記事冒頭の書き出しを「甲子園から、数々の伝説を生んだ延長戦の熱戦が消えてしまうのか…。」としています。
スポーツを我々一般的な社会人よりも専門的に扱っているスポーツ紙ですら、このような意識を持っているとなると、とても残念な気持ちになります。


子ども達の安全と健康を最優先させるべき
名勝負や好プレーは、安全面でのリスクを抱える長時間の試合にのみ生まれるものではありません。一瞬一瞬のプレーにおいて研ぎ澄まされた神経から生まれるプレーが、多くの人を感動させることも多くあるでしょう。
それになにより、アマチュア・スポーツにおいては、観る側が得る感動よりも、プレーする選手にとって大切なものは何かを最優先して考えるべきです。
そして、その最優先されるべきものは、高野連の理念を支える「日本学生野球憲章」の「第1章 第2条(学生野球の基本原理)」にも掲げられているように、「部員の健康を維持・増進させる施策を奨励・支援し、スポーツ障害予防への取り組みを推進する」ことに他なりません。

高野連が行う全校に向けてのアンケートで、ぜひ多くの学校がタイブレーク導入に積極的に賛成をしてくれるよう、強く期待したいものです。





千葉県松戸市 ブログランキングへ





[ 2014/07/14 23:24 ] 野球/ソフトボール | TB(0) | CM(0)

糖質制限(炭水化物抜き)ダイエット 実践記

思い立って、糖質制限ダイエットを始めて今日で8週間が経過。
その驚きの効果についての報告です。


糖質制限 夏井 本

今となっては特に目新しい方法ではない糖質制限・炭水化物抜きダイエットですが、遅れ馳せながら始めた僕の実践記です。

学生時代はガリガリとすら言われていた僕。しかし、30代半ばから徐々に脂肪がつき始めました。
久しぶりに会う人たちに「少し太ったね」と言われて続けてきたここ数年。しかし今年(H26年)に入ってからは、数年ぶりどころか、半年くらいの間隔で会う人たちにすら『え、太った??』と指摘されるようになってしまい、さすがに考えなくてはいけないと思い、ダイエットに踏み込むことにしました。

そんな折りに、たまたまyoutubeでみつけた、夏井睦(なついまこと)先生が出演するとあるTV番組の動画。そこで語られていた糖質を制限する食事法に、僕は妙に納得。そもそも人間には炭水化物が不要だと、かなり大胆な説を強気に展開する夏井先生。それに対して、他の医者や栄養士が反論するのですが、それらへの反駁にも大きな説得力を感じました。

ということで、その日から早速、炭水化物抜きを始めたのが、H26年5月26日(金)。
その日から今日でちょうど8週間が経過しましたが、今日までの経過をまとめてみます。



8週間で、体重8㎏減、ウエスト3㎝減

現時点までの結果には、僕自身も、そして家族も、とても驚いています。
体重は、8㎏減。
ウエストは、3㎝減。

予想以上の成果です。

その間、生活スタイルはなにも変えていません。
朝5時45分に起床し、準備をして6時に出発。朝食はチーズ1ピースと、1杯のお茶かミネラルウォーター。
6時15分くらいから8時過ぎまで、どこかの駅で駅頭演説。そのまま仕事をして、お昼は炭水化物を抜いた食事。例えば、知り合いとトンカツ屋さんに行けばヒレカツ定食からご飯を抜いたものを食べますし、中華屋さんに行けば、野菜炒めと卵スープといった具合。あるいは1人ならばクルマの中で、チーズ3ピースと魚肉ソーセージ、アーモンドなどのナッツを適量ということもあります。
夜は19~20時に食事をしますが、ここでもほぼ一般的な夕食のメニューで、ご飯のかわりに厚揚げを食べます。お豆腐でもいいのですが、僕は個人的に厚揚げのほうが飽きずに美味しく食べられています。特に言っておきたいこととしは、お肉はふんだんに食べているという点。僕は昔からお肉が大好きで、40半ばとなった今でも、300㌘のステーキを優に食べてしまいます。そして糖質制限ダイエットを始めてからも、お肉の摂取量を減らしたりなどは一切していません。



体重減だけではなくさまざまな効果を実感!
朝が弱く、睡眠を欲する体質が、急速に変化


炭水化物を抜き、糖質制限を初めてから、まずは3日で効果が現れました。
すぐにズボンのベルトが緩くなったと感じ、体重も1㎏くらいは簡単に落ちます。

「ウソだろう?」と思いますよね? でもホントなんです。
その後、体重は順調に減少し、ズボンの腿あたりも楽になり、1週間も経てば身体全体がスリムになったことを実感できました。

僕にとって、効果はそれだけではありません。
僕は子どもの頃から朝が弱く、人より多く睡眠を取りたがる体質なんだろうなと自覚してきました。
この糖質制限を始めてから3週間ほど経った時、朝の寝覚めがとても良くなりだしたのです。

それまでは、毎朝の駅頭演説のために起床するとき、「エイッ!」という気合いとともにベッドから起きていました。しかし今は、前日に宴会などがあり遅くなった翌朝でも、それまでとは比べものにならないほどスッと目覚める事ができ、朝から軽やかに動けるようになった気がしています。

そして、肩こり、腰痛、それらもかなり改善されてきたと感じており、僕にとってはいいことだらけだと言えます。



パワー不足がデメリット?

糖質制限ダイエットには、否定的な意見もたくさんある事も事実です。
ある人は、皮膚の水分が著しくなくなり、保湿クリーム無しでは生活できなくなったといいますし、中・長期的にみた弊害も指摘されています。

僕自身にとってのデメリットはなにかと、自分でも探してみました。もちろん、医学的見地からの中・長期的なものは分かりません。8週間継続した現時点でのデメリットは、若干、筋力が落ちたかな?という点です。
腹筋・背筋・腕立てふせなど、運動はほとんどやっていませんので、身体全体がスリムになった分、比例して筋力が落ちたような気はしていますが、日常生活において問題とするレベルでは全くありません。
その他、特にデメリットや弊害を感じることはありません。


「ばあさまたちにとおなし」を実践

糖質制限ダイエットの嬉しい点は、通常、痩せるためには御法度とされてきた食材でも、食べて大丈夫な物が多い事です。

先述の通り、お肉大好きな僕は、今でもお肉を好きなだけ食べています。
そして、バター。マヨネーズ。オリーブオイル。
このあたり、「えっ??」と思う方も多いはず。以前にも増してサラダをよく食べるようになりましたが、カロリーを気にして味気ない生野菜をボソボソとそのまま食べる方も多い中、僕はマヨネーズをかけて美味しく野菜を食べています。
世間ではカロリー制限が中心のダイエット法ですが、ここでの常識では考えられないものも、糖質制限では摂ってもOKなのです。

そして、何を食べていいかの判断基準において、糖質制限界でバイブルのような言葉がこれ。
『ばあさまたちにとおなし』

ば:バター
あ:アボカド
さ:さかな
ま:マヨネーズ
た:タマゴ
ち:チーズ
に:肉
と:豆腐
お:オリーブオイル
な:納豆
し:焼酎

この素材・食材であれば、いろいろメニューを組み立てる事もとても簡単にできます。
さかな、納豆、豆腐あたりは誰でもそうだろうと思えるでしょうが、お肉、バター、マヨネーズらがOKというあたり、とても心強いですね!


効果やデメリットについては個人差があるでしょうから、絶対に安心・安全なダイエット法だと言い切ることも出来ないかも知れません。もちろん、そこは自己責任でお願いしますと言わざるを得ませんが、僕にとってはとても効果が高い糖質制限・炭水化物抜きダイエット。
これからも継続しますので、また経過報告をしたいと思います。





千葉県松戸市 ブログランキングへ








[ 2014/07/11 12:52 ] 徒然記 | TB(0) | CM(0)

部活について

公立中学校の部活が、じつはとても不安定な環境にあるということは、あまり知られていません。
今回は、この状況について書いてみることにします。



野球 ボール

僕の住む千葉県松戸市では、公立中学校において、部活動がとても盛んです。
そして、僕の子ども達の通う中学は、その中でも熱心に部活動が行われているという地域の評価を受けています。

熱心に部活が行われていることそのものに疑問を持つわけではありません。
しかし、その部活が行われている法令的根拠はとても曖昧です。そのことは、教育の目的も不明確なものとさせてしまいかねません。そして、教育の目的が不明確なのであれば、指導法や運営方法についても確固たる方法論を組み立てることはできないでしょう。

部活という、ある意味“閉じた”環境において、そこでの先生方の指導法への保護者からの賛否もいろいろですが、先の通り、教育としての目的や根拠が曖昧であるために指導法への評価を定められないという面もあるのです。

このあたりを、もう少し細かく説明します。


現在のいわゆる公立中学校における部活動の法令的根拠は、2012年より施行されている『学習指導要領 第1章総則 第4指導計画の作成等にあたって配慮すべき事項 2 (13)』にあります。
『生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動については,スポーツや文化及び科学等に親しませ,学習意欲の向上や責任感,連帯感の涵養等に資するものであり,学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること。その際,地域や学校の実態に応じ,地域の人々の協力,社会教育施設や社会教育関係団体等の各種団体との連携などの運営上の工夫を行うようにすること。』という条文です。

ところでしかし、2000年から2011年までの間は、中学学習指導要領において“部活”については触れられておらず、部活の法的根拠はとても曖昧なものでありました。
その流れを、簡単に説明します。

1999年度以前までは、中学校学習指導要領における特別活動を規定した「第4章 第2 C」には、以下のように定められていました。
<クラブ活動においては、原則として学年や学級の所属を離れ、共通の興味や関心をもつ生徒をもって組織するクラブにおいて、全生徒が文化的、体育的、生産的又は奉仕的な活動のいずれかを行うこと>

つまり、この時点までは、クラブ活動を設営・運営することは学校の義務であり、それを履修する必要がありました。そしてこれはあくまでもクラブ活動であり、ここで問題にしている“部活”ではありません。
では、部活はどう規定されていたかというと、「第4章 第3」にある<部活動への参加をもってクラブ活動の一部又は全部の履修に替えることができる>という条文によって、その根拠は担保されていました。そして、やや本末転倒な気もしますが、同条文の解釈により、クラブ活動を無くして部活を奨励する傾向が生まれてきたというものが、学校現場での部活の流れです。

しかし、2000年度の段階で、既にこの「中学校学習指導要領 第4章 第2 C」と「第4章 第3」は改訂により無くなっています。クラブ活動という言葉も、部活という言葉も、法律からはなくなっているのです。余談ですが、現在はこの特別活動の項目は、「総合的な学習の時間」を規定する条文が加わったことで「第5章」となっています。

そのような状態が部活の位置づけを不安定なものにさせているということから、2012年からは先述のように『総則』に条文を加える事となりました。
しかし、この総則で語られる部活ですが、唐突に“部活”という言葉が現れるという印象があり、学校運営における義務として部活が位置づけられているようには読み取れません。主文は『生徒の自主的,自発的な参加により行われる部活動』です。学校側が組織化や枠組みづくりを行うわけではなく、あくまでも生徒の自主的で自発的な活動、つまり生徒による任意の活動だと言えます。そして学校の義務はなにかというと、『学校教育の一環として,教育課程との関連が図られるよう留意すること』と言っています。

これを、やや乱暴に言い換えれば、「生徒の自主的・自発的に体育的・文化的活動として“部活”が行われる場合は、ならば学校は、それを教育の一環として位置付けられるよう留意していなさい」ということです。部活そのものの目的を学校が義務的に持つ必要はなく、あくまでも生徒の自発的活動を教育的効果があるように支えなさい、ということです。

そのような状況のなかで、これほど盛んに行われている“部活”とは、いったいなんなのでしょうか?
生徒にも、そして保護者にも、部活をとても重要視している人がたくさんいます。生活の最も重要なものが“部活”だと考え、生徒は所属する部活で一生懸命活動し、子ども達の試合や発表をみることが休日の楽しみだという保護者はたくさんいます。僕自身、休日に息子が所属する野球部の練習を見たり試合を観戦したりすることは、とても楽しい時間です。

しかし、楽しいと思うと同時に、どこかおかしいという思いも持ち続けています。
最も消化不良を起こしている点は、「機会の不均衡」ということです。

例えば、僕の息子が通っていた中学校では、一学年に24人もの野球部員がいました。そして、中学在学中、公式戦に一度として出場したことのない部員が、およそ半数もいました。僕は単純に、このことに疑問を抱かざるを得ませんでした。
野球部の活動が熱心な同校でよく語られることですが、以前の顧問の先生は、強いチームを作るために、出場機会を与えてあげられない子には他の部活に移ることを勧めていたと言われています。その先生はそれが正しいと考えてのことだと思いますし、それを肯定的に評価する保護者もいるでしょう。しかし僕は疑問を抱きました。なぜ、興味・関心をもって入部した生徒を諦めさせる必要があるのだろうか。勝利を第一義とする教育的見地は、何によって正当化されるのでしょうか。

保護者の中にも、「スポーツをする以上、勝つことを目指すべき。そしてそのためには、実力主義であることは当然」と考える方は多くいました。そのような方にとっては、公式戦に一度として出られないことも、“実力不足だから当然”ということになるのでしょう。なので、保護者としてどちらの考えが正しいか間違いか、とは言えません。

しかし、保護者としての部活運営への評価を定められない原因の大きなものに、「部活の意義」が明確ではないということがあると思います。公立中学での部活が「勝利優先」の法理念によって支えられているのであれば、徹底した実力主義も間違いではないでしょう。ところが、前述のとおり、現在では部活の法根拠はとても曖昧です。
そして、例えばスポーツにおいて各中学校が参加する大会を総括する日本体育協会の掲げるスポーツ憲章では、スポーツを「自発的に行う身体活動である」と意味づけ、競技力をもっての競い合いよりも、「生涯を通じて自己の能力・適性等に応じて、主体的・継続的にスポーツの楽しさや喜びを味わう」ことができることを願い、そのために加盟団体(●●中学校、など)に対してはこの「趣旨に沿って、スポーツの健全な普及・発展をはからなければならない」と義務付けています。自発的な個人の意思の尊重と、主体的な活動で得る喜びの体感こそを最重要の理念に据えています。

その理念と部活の現場との隔たりを、僕自身は感じてしまうことがあります。
“勝つこと”を第一義としないことを、甘やかしととらえる方がいるようです。しかし、それは誤解です。厳しさは、勝利至上主義にだけ宿るものではないと思います。主体的な取り組みを尊重することと、甘えのない厳しい姿勢で物事に向かうことを教えることは、決して矛盾するものでもありません。そして、「大人が自分のエゴや楽しみとして、勝ちを求めることを目的にすべきではない」と言っているのであって、「勝利に向かって努力する姿勢」を生徒に教えなくていいと言っているのではありません。この辺りを誤解し、見誤っている指導者の方々が多くおられるような気がしてなりません。

盛んに言われているように、特にスポーツ指導におけるアプローチに対して、大きな変革が求められています。
各競技において、各学校において、体罰や暴言・怒声による暴力的指導の根絶を目指していると思います。ただしそれは、各学校において「自分はなんのために、この学校でこの競技を生徒たちに指導しているのか」という指導目的をより明確にしてから取り組むべきではないかと思います。そうでなければ、保護者の考え方もさまざまである中で、もし現場で問題が生じてしまった場合、「この目的のために、この方法をとった。それがこの結果を生んだ」という説明をすることができないのではなかと思うのです。

法的位置づけが曖昧に過ぎる状態で各学校が部活での指導法の変革に取り組むことは、進むべき方向を定め誤ることにつながる可能性もあります。
そのような意味でも、各現場において「部活の意義」、「部活の目的」をいま一度考察していただくことを求めたいと思います。





[ 2014/07/08 23:53 ] 松戸市政 | TB(0) | CM(2)

スポーツ指導 改善の好機に!

子どもたちのスポーツ指導を改善する好機にしたいものです!

いささか古い記事になってしまいましたが、7月3日付の毎日新聞 朝刊から。

『【スポーツ指導改善へ初会合】
スポーツ指導の改善を図るため、国やスポーツ団体、大学などの関係機関で議論する「コーチング推進コンソーシアム会議」(座長=友添秀則・早大教授)の初会合が2日、文部科学省内であった。柔道全日本女子の指導者による暴力問題を受けて、文科省は昨年7月、有識者による報告書を作成。「社会の目」を指導に反映させる仕組みを求めた報告書の提言を踏まえて、同会議が設置された。(後略)』

みのわ信矢はかねてより、我が国のスポーツ指導、特に子どもたちに対するアプローチに強い疑問を抱いて来ました。
特に、怒号が罵声が飛び交う状態には意義を見出すことができず、多くの指導者たちの資質に問題があると考えています。
暴力的かつ威圧的なアプローチは、一言で表せば「時代遅れ」であり、「無意味」な方法論であると思います。
そして、なぜ多くの指導者がそうなってしまうのかは、当ブログの過去記事で書いていますので、ぜひご一読ください。

ところで、スポーツ指導者の思考と行動が「何に対して」時代遅れであり無意味かというと、「取り組む競技への愛好心を育み、探求する姿勢を養う」ことにおいてということに他なりません。
意外かもしれませんが、子ども達1人ひとりの愛好心や探究心の育成という目標は、実はあまり重要視されてきていなかったと思います。
では、なにを目的としてきたのでしょうか?
それは、指導者自身にある『勝敗へのこだわり』に過ぎなかったのではないかと、僕は考えています。

簡単にいえば、『自分のチームが勝てば、気持ちいい』という感覚であり、最悪の場合、その競技に取り組む主体であるはずの子ども達が“ゲームの駒”にされてきてしまったという面もあるのだと思っています。

いずれにせよ僕は、我が国においてのスポーツ指導が、根本から変革されることを強く望んでいます。
その時に、同記事にある『「社会の目」を指導に反映させる』という客観的な視点での改善のみならず、指導者が本来持つべき目的の再考も不可欠だと考えます。

暴力的指導が批判されるからといって、これまでそうしてきた指導者に、「暴言はやめろ」、「怒声を浴びせるな」、「平手打ちをするな」と、いわば“引き算”で指導者への指導をしても、本質的にはあまり意味のないことでしょう。なぜなら、その指導者の目的が「自分のチームをただ勝たせること」というままであれば、世論に迎合しているだけで、本質的な変化は期待できません。

我が国でスポーツに取り組む少年少女に対する大きな指針としては2つあり、法令としての学習指導要領と、日本体育協会の規定するスポーツ憲章があげられます。そしてそのいずれにおいても、競技力の習得は第一義ではなく、あくまでも「個人の愛好心や探究心の向上」が最優先されるべきと述べられています。

指導者の資質を問い直し、指導者の目的を変化させることは、容易な作業ではありません。その指導者のそれまでの価値観を再編しなければならないのですから、さまざまな葛藤や抵抗が指導者自身に生まれるでしょうし、新たな目的を受け入れられない人もいるでしょう。しかし、これまでの古い体質を捨ててもらわなければ、スポーツ指導の改革は成し得ません。

今回設置された「コーチング推進コンソーシアム会議」においては、ぜひ、スポーツ指導全体における「目的の再確認」をしていただき、主体者である「競技者」(子どもであろうと、学生であろうと、大人であろうと)1人ひとりの技術・意識の向上のための改革を成し遂げてもらえるよう強く望みます。







[ 2014/07/08 22:45 ] 野球/ソフトボール | TB(0) | CM(0)

みのわ信矢後援会報 7月号完成です!

みのわ信矢後援会の機関紙「SANDINISTA(サンディニスタ) 7月号」が完成。

今日は早朝から、早速ポスティング開始!
そして明日からは、朝の駅頭でみなさんに配布します。

新京成線沿線をご利用のみなさん、朝の駅頭でみのわ信矢をお見かけの際は、ぜひお手に取ってご覧ください。




sandinista サンディニスタ 7月号



sandinista サンディニスタ 7月号

また、ご希望の方にはお送りいたします。
コメント欄に、管理者のみ閲覧可能なコメントか、もしくは以下のメールアドレスに郵送先、お名前をお知らせください。
連絡用Eメールアドレス 【minowakouenkai@gmail.com】
※お預かりしたアドレスは、本会報郵送以外には使用いたしません。




[ 2014/07/06 19:31 ] 後援会 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

みのわ信矢

Author:みのわ信矢
“まつど”で生まれ、“まつど”で育った僕。“まつど”がもっともっと元気で優しい街になることを願っています。まちづくり、政治経済、野球/ソフトボールに子ども会、etc・・・。たくさんのことを、たくさんの人たちと一緒に考え、行動することの大切さを感じています。地域活性化を願う全国の方々との交流も、どんどん持っていきたいですね!

みのわ信矢のtwitter
カウンター